円形アイランドキッチンのAtelier Brooks ~ キッチンのリビング化に対応する新しい対面型キッチンのご提案 ~

デザインコンセプト

 アトリエブルックスは世界唯一の円形アイランドキッチン『サークルステージ』や、バス・トイレをはじめとした建築意匠全般を手がけるデザイン工房です。コンセプトは「美しさと心地よさの融合」、外面的な美しさだけでなく、精神的満足度も高めたいという願いから創造されるものです。

 それはどんなデザインでしょうか?人間は誰しも美しいものに惹かれます。しかしアトリエブルックスが目指すものは見た目の「美しさ」だけでなく、実際に見たり触れたりすることで「安らぎ」や「快適」、または「楽しみ」や「歓び」が得られるものです。

 たとえば住宅の階段ひとつとっても、シンプルなデザインを追及するあまり、手すりの無いものを見かけたりします。しかし小さなお子さんや高齢者のいる家庭では、安全上好ましいものではなく、不安に駆られたりします。確かにこれらのデザインは見た目は良いかも知れませんが、実用面では「安らぎ」の得られるものではないのです。

 他にもコンクリートむき出しの内装や段差を多く設けた床など、その建築効果に比例して必ずしも実用性や安全性の伴わない事例は多く存在します。建築やリフォームの際、それぞれ何を優先するかはデザイナーや建築家の意思ではなく、実際に住む人の判断に委ねられるべきでしょう。

 アトリエブルックスは優れたデザインを追求しますが、デザインの見た目にこだわるあまり使いづらいものになったり安全上の配慮を欠いたりして、利用者の「心地よさ」を損なうものになってはならないと考えます。

 またアイランドキッチンに関しては、現在世界中で販売されているものは長方形が主体で、キッチン上でゆったり食事できるものはほとんどありせんでした。食事用のカウンターやテーブルを付け加えたものは存在しましたが、カウンターが狭いため食事がしづらかったり、全体寸法が大きくなりすぎて限られたスペースに納まらなかったりしました。

 しかしアトリエブルックスでは四角いアイランドキッチンを円形化することにより、その形状の持つ効果を十分に生かしたキッチン 『サークルステージ』をデザインしました。それは円の中心付近における調理のしやすさやスペースの有効活用だけでなく、作る人と食べる人双方が向き合い、全員が「楽しむ」ことのできる空間です⇒詳しくは「円形アイランドキッチン」のメニューをご参照ください。

 見た目や機能の追求だけでなく、家族や友人同士がともにつながり、「歓び」や「感動」を共有できる体験を日々提供する、これがアトリエブルックスの目指すキッチンです。ご自宅やご別荘の新築・リフォームをお考えの際は、当アトリエ独自のデザインをご覧いただき、是非ともご採用いただけたら幸いです。

2013年4月
アトリエブルックス  キッチンデザイナー 小川ひろ

 


         アトリエブルックス外観

                  夏のアトリエブルックス 軽井沢ギャラリー&サロン